2011年1月24日(月 )
22日から松本市で開催された自治体問題研究所の自治体政策セミナーに参加して来ました。今日は伊那市の㈱産直市場グリーンファームの小林史麿氏会長の講演でした。実に感動的な講演であったので紹介します。
 グリーンファームでは、2000名を越える登録会員からの商品(農産物、キノコ、水菜など地域で産み出すあらゆる物)を販売し、年58万人の客(1日最高3500人)で、年10億円の売上を上げている。
 商売繁盛の秘密は、新鮮、安い、安心・安全の他に「楽しい(感動を与える)」ことにあると言う。その例としてこんな話をしてくれた。・・・ある大根生産者が奥さんの不幸により、出荷時期が遅くなり巨大な大根となったしまった。その大根、JAや市場では規格外と販売を断れたが、グリーンファームで奥さんの精根込めた形見の大根として1本100円で販売したところ、話題を呼び、2日間で1000本を売りつくし、 出荷マージンの20%を引き、8万円を稼ぎ出したとのこと。・・・規制概念にとらわれない人間的な商売の勝利と言えるであろう。
 氏の直売所の商いの観点として次の3つが必要としている。①消費者ニーズにどう応えるか、②農家・農村をどう守るか、③地域社会にどういう役割を果たすか。
 ②の点では、登録会員の精算は1週間(土・日)で行い生産意欲を奮いたたせ、③の点では、新規就農候補者に100坪の実験農地を貸し与え、できた生産物はグリーンファームで販売し生産意欲を引き出し、2名の新規就農者を作りだしたとのこと。氏は言う。「小規模農業の再興こそ日本の本来の営農スタイルであり、産直を通じ、小規模農家を日本の農業を守る主流にしていきたい。」と。
2011年1月23日(日 )
 今日の赤旗に、与謝野経済財政大臣が「年金の支給開始年齢を引き上げる可能性あり」と言及したとの報道にびっくり。定年延長もままならなず、リストラで辞めさせられる人が多い昨今。支給開始年齢を引き上げたら、生活に困る人がたくさん出るのは明白。
 大企業のリストラ、正社員の非正規への置き替えなどによる働く人の収入減が年金財政を悪化させているのです。雇用は正規が当たり前の日本に変えて行くことこそ、今、求められているのではないでしょうか。
(1月20日、雪のクラフトパーク、公園内の最上部にある創造館の横にある石柱の標高は東京スカイツリーと同じ634mだそうです。池田町観光情報ブログよりお借りしました。)
2011年1月20日(木 )
1月15日から3日間降り続いた雪で池田もすっかり雪景色となりました。連日、寒い日が続いているので、陽の当らないところは凍りついて危険な状態ですが、少しずつ溶け始めています。連日の雪かきで筋肉疲労しましたが、元気に頑張っています。
 菅第二次内閣の閣僚に自民党の元閣僚の与謝野氏が経済財政大臣に就任には、びっくり。この人事は民主党の自民党化を象徴しています。財界の意向を受け、消費税増税・TPPの推進にまっしぐらの菅内閣の暴走をなんとしてもくい止めねば、そのためにも負けられないと思うこの頃です。(咲紀:始めての三輪車乗りです。)
2011年1月14日(金 ) 
  連日-8℃程度の寒い日が続いていますが、積雪がほとんどなく助かります。宣伝カーのセットを手配し、いよいよ本番モードです。
 今日、ある人から「薄井さんの良さはまじめさにある」と言われました。励ましを力に頑張らねばと思い新たにしました。
 今日の市民タイムスのトップ記事で町のサポートセンター運営協議会が町長の意向により解散となったことが報道されました。自分の意向に合わないことが理由のようですが、大学教授まで参加して検討したプロジェクトチームの活動、運営教協議会の活動、サポートセンター事務局長の人件費など今までの活動が生かされなかったことになり、納税者として、こんな無駄は許されないと思います。
 町民の力を引き出すのではなく、押さえつけるような町政運営を変えないかぎり町は良くならないと思います。詳しくは村端浩氏のHP(日々のこと、1月14日)を御覧いただければ幸いです。
(次女の生後9ヶ月孫娘の「咲紀」です。薄井保育園で元気に動きまわっています。)
2011年1月8日(土 ) 
 今日は2回目新春の街頭挨拶を服部町議と行いました。少しは慣れてきましたが、5回続けてやると喉が枯れてきました。本番までに何回もやって、喉を鍛えなければと思いました。
2011年1月5日(水 )  
 今日は共産党長野県委員会主催の旗びらきでした。全県から350人の同志が集まり、必勝を誓いあいました。諏訪や佐久の昔の仲間に励まされ、頑張らねばと意を新たにしました。 また、昨日は共産党ファンクラブニュース恒例の新春対談を村端さんのお宅でやりました。町の課題などを話し合いましたが、このような企画をしていただけることはありがたいことです。2月6日にTPP問題のシンポウムをファンクラブがJA・消費者団体などに呼び掛けて実行委員会形式で行うとのこと。ファンクラブが頑張っていただけることもありがたいことです。
 2011年1月2日(日 ) 
 新年おめでとうございます。いよいよ勝負の年を迎えました。人生最大のチャレンジ、毎日・毎日を大切に頑張り抜きます。
 年末から長女が帰ってきて、次女家族も含めにぎやかな正月を迎えています。0~4歳までの4人の孫は本当に可愛いですね。この子達が大きくなった時に安心して暮らせる世にするために、今、頑張らねばと思いを新たにしました。
 今日は山本・服部両町議と私で町内で新春の街頭挨拶をしてきました。「口べた」の私は両町議のように うまくできませんでしたが、練習を重ね上手になるように頑張りたいと思っています。
(長女の2人の孫娘と次女の長男坊です。仲良く遊んでいます。)
戻る