2011年2月16日(水)
2月14日の夕方からの20cm程度の雪により池田もすっかり雪景色。我が家の狭い庭ですが、孫の皓太郎をソリにのせ引いてやりました。皓太郎、大喜び。もうすぐ3歳、反抗期に入ったのか、一緒に風呂に入ると、お風呂にある玩具を私に投げつけて喜んでいます。
 1週間くらい前から作成にとりかかった「うすいリーフ」がようやくできあがりました。身にあまる「おほめ」の言葉もいただき、期待に応えられるよう、いっそう勉強し、頑張ります。うすいリーフ() 
2011年2月6日(日)
 今日はTPP(環太平洋経済連携協定)のシンポジウムが福祉会館で開かれました。飴市で参加しにくい状況でしたが、松川村、大町市、安曇野市からの参加もあり、80名を超す参加者で大成功でした。 集会では、基調報告に続き、パネラー(有機米生産者、JA、町振興課、日本共産党)の報告があり、討論をしました。そこで強調された点をご紹介します。
・日本の農産物の関税率は高いと言われているが、これは事実に反する(日本:12%、韓国:62%)。
・どこの国も農業に補助金を出して農業を保護している(農業所得に対する国支援の割合:日本16%、アメリカ26%、仏90%英・スイス95%)
・TPPはアメリカのオバマ大統領が自国の雇用創出のため、日本に押しつけてきたものであること。アメリカでは日本の半額の価格で美味しいコシヒカリ、秋田コマチが生産されていること。
・菅総理の言う外国と太刀打ちできる農業はできるはずがないこと。
・TPPは農業ばかりでなく、医療保険制度、公共事業への外国会社の参加、安い外国労働者の流入など日本の経済システムを根本から変えてしまうこと。
 集会ではTPP反対の世論を大いに盛り上げていこうと呼びかけが行われました。大変勉強になり、意義ある集会でした。今後の諸活動でTPPについては訴えていかなければと思いました。
2011年2月5日(土)
今日は中信健康友の会大北連絡会の講演・新年会でした。木崎湖畔のユープルに約100人ほど集まり、松本共立病院の富田医師の「大腸がん」の講演、マツサージの方法など有益な話を聞きました。
 懇親会で、池田はAさんの指導のもと「東京カンカン娘」を踊り、大喝さいを受けました。(写真)
 多くの人から励ましの言葉をいただき、元気をいただいた1日でした。
2011年2月3日(木 )
2月3日付の大糸タイムスに記事が載りましたので紹介します。簡潔明瞭に要領よくまとまっており、さすが、プロだと感心しました。
 いよいよ頑張らねばと意を新たにしました。
 2011年2月2日(水 ) 
 連日寒い日が続いていますが、元気に頑張っています。今日、大糸タイムスの取材があり、思いの丈を1時間ほど語りました。明日あたりに掲載されるそうですので、どんな記事になっているか、請うご期待です。(肩車されてご機嫌な咲紀です。)
戻る