日記

私の出来ごとを書きます。 

日本共産党のことは「しんぶん赤旗」をお読みいただければ幸いです。
暮らしのこと、政治の動きなどわかり易く伝えています。
毎日お届けする日刊紙は月3497円です。
週1回の日曜版はタブロイドサイズで月823円です。


戻る

 2018年5月16日 (水) 
 自宅療養に努め、肝機能の血液性状値は徐々に低下傾向にあります。しかし、まだ正常値の範囲ではないので少しずつ体を慣らしていきたいと思っています。 
 2018年5月3日 (木) 
 4月17日に人間ドックを受けたところ急性肝炎との診断され安静を命じられ、本日まで2週間地元の北アルプス医療センターあづみ病院に入院し、本日退院しました。。最近尿の色が濃いなあと思っていましたが、そんなに疲れることもなかったので、本当にビックリしました。血液中のピリルビン値が異常に高い黄疸症状で、なんらかの原因により肝細胞障害がおこっていたのです。2週間の毎日5時間の点滴と安静によりピリルビン値が4程度に減少、肝機能も回復傾向となったとのことで自宅療養が許可されたのです。しかし、正常値に比べれば、まだ高い値なので早く正常値に戻せるよう焦らず療養したいと思います。また、種々の検査をしましたが、急性肝炎の原因が不明なので更に検査することになると思います。病院の先生や看護師さんには大変お世話になりありがとうございました。それにしても人間ドックを受けて本当に良かったと思います。まさに命びろいをしました。
 2018年4月15日 (日) 
 14日は陸郷山桜トレッキング、天候が心配されましたが、雨に降られることもなく、無事終了しました。桜も楽しめ、リピターの方も喜んでいました。(左写真)ライオンズクラブの皆さん、役場の皆さん、お疲れさまでした。 15日はスタンディングに参加し(写真)、松川村9条の会主催の日本被団協事務局次長の藤森敏希さんの講演を聞きました。藤森さんは広島で被爆され、国連の核兵器禁止条約の採択やノーベル平和賞授与式にも参加されています。3月町議会で、「日本政府に核兵器禁止条約の調印求める意見書提出を要請する陳情」が採択されましたが、今後も核廃絶に向け、取り組んでいきたいと思います。
 2018年4月12日 (水)   
  池田町総合福祉センターの花壇の花が綺麗に咲きました。「花とハーブ」のまちづくりとしての取り組みと思います。職員の皆さん、管理が大変かと思いますが、来訪者の目を楽しませてくれています。今後ともよろしくお願いいたします。
 2018年4月11日 (水)  
   国の地域介護・福祉空間整備等交付金と町・地域住民の力により、地元公民館が新しくなってから1年がたちました。今年度は自治会長として、この施設の保全を図り、施設を多くのの人が利用していただき、安心して暮らせる町内に力を尽くしていきたいと思います。29年度の利用状況を町に報告するため集計してみると、介護予防、秋祭り、分館行事などの年間142日、194回、3124 人が利用していることが分かりました。このうち、介護予防には56回、866人が使っていました。目標利用回数年36回、大きく上まっており安心しました。毎週1回介護予防のゴム体操を続けている皆さんに御礼申しあげます。(写真)。今年度も宜しくお願いいたします。
 2018年4月7日 (土) 
  曇天の肌寒い日でしたが、陸郷「桜仙峡(おうせんきょう)」・夢農場、鵜山の桜を見てきました。例年より10日程度早く咲き、ほぼ満開。豊盛公民館からの景色は素晴らしいものでした。(左:写真)夢農場の桜はこれから満開、鵜山の桜も素晴らしく、散り始めの状況でした。池田の桜も見応えがありますのでおでかけください。
 昨日、臨時議会が開かれました。議決された主な内容は、①町営バスの後部追突事故の損傷がひどいので、新車を購入する(予算1100万円)、町を宣伝するラッピング車とする。②新築のスペースゼロのオープニング式を5月31日に行う。その費用として15万円を計上した。その他、当町と岐阜県池田町とで災害時応援協定を結ぶとの報告がありました。これには議会からの橋渡しもあり、実現の運びとなりました。
 2018年4月5日 (木) 
  池田小学校・高瀬中学校の入学式が満開の桜のもと行われました。小学校の新入生は33名・1クラス、中学校の新入生は77名・3クラスでした。人口減少は池田町でも顕著です。今年も対策を研究・提言していきたいと思います。(左:高瀬中の桜、 下は池小の桜)
2018年4月4日 (水)   
  例年にない暖かさで桜が一斉に咲き始めました。昨年より10日程度早い開花です。庭の梅は散りましたが、ムスカリなどの花は一斉に開花し、にぎやかになりました。
、 
2018年3月31日 (土)  
 庭の梅の木が最近の温かさにより一気に満開となりました。寒さに耐え、春を告げる凛とした美しに、いつも感動しますす。4月14日の陸郷山桜トレッキングのコース整備にガイドマスター会の一員として東山に行き、汗を流してきました。ダンコウバイの黄色の花が咲き(右写真)、山の春到来を感じることができました。今回のトレッキングには177名の申し込みがあるとのこと。楽しみたいと思います。
2018年3月15日 (木) 
  高瀬中学校の卒業式に参加させていただきました。校長先生の卒業生に送る言葉が印象的でした。
人間の究極の幸せとは次の4っである。
①愛されること、②褒められること、③人の役にたつこと、④必要とされること
 この言葉はある禅寺の住職の言葉ですが「その精神は高瀬中の精神と同じである。人との係わりで幸せを感じ、光る人生を切り開いて欲しい」の校長先生の言葉に感銘しました。
2018年2月19日 (月)  
 ハーバルヘルスツーリズムケアトレーナー育成講座に参加しました。
 町ではハーブのまちづくりの一環として、ハーブを利用した健康旅行者を町に呼び込む取り組みを始めています。今回の講座は旅行者をもてなすトレーナーを育成する初心者講座で約50人の人が集まりました。
 3日間、トレナーの任務、もてなすのに必要な”町の歴史と魅力”、ハーブ・森林・自然の効能、アイスブレイク(リラックスしてもらう手法)、救急法(写真)などを学びました。
 来年度、中級講座を開催し、トレーナーの認定を行っていくそうです。参加者の関心の高さに驚き、大変勉強になりました。「おもてなしマニュアル」を作成し、多くのトレーナーが誕生して欲しいと思います。  
2018年2月15日 (木)  
  連日寒い日が続いていますが、春は確実にやってきています。庭の福寿草が咲き始めました(写真)。
 今日は北アルプス広域連合議会が開かれ参加しました。今回の中心テーマは来年度から始まる3ヵ年(第7期)の介護保険事業計画の議決であり、基準月介護保険料を200円上げて5,700円とする議案が上程され、私は次の理由により反対討論を行いまし。
・諸物価高騰のおり、月5,700円の負担は大変であり、賛成しかねる。
・2000年に介護保険ができた時に国は介護保険財政への国庫負担割合を1/2から1/4に減じてしまった。このことがその後の保険運営を厳しくし、被保護者への負担増の原因となっている。当面国庫負担率の10%増などの対策が実現できるよう広域連合も国に求めて欲しい。
 残念ながら、賛成多数で否決され、月5700円の保険料は認められました。今後も介護保険について勉強し、提案できるようにしていきたいと思います。
2018年2月10日 (土) 
 日本共産党池田ファンクラブ(後援会) の総会と新年会が開かれました。安倍改憲の阻止と来年の町議会選挙・参議院選挙の勝利を確認しあいました。(写真:来賓として挨拶した清沢達也共産党中信地区委員長)
 私も改憲阻止と議員活動の充実に取り組む決意を述べさせていただきました。元気をいただき、頑張りたいと思います。 
2018年2月9日 (金) 
  2019年から10年間の池田町の行政施策を定める第6次総合計画についての町民ワークショップが開かれ、参加しました。
 今回のテーマは「環境に係る施策」で3グループに分かれ、各自の環境に係る思いをカードに書き、発表しながら模造紙に張り付けました。(写真)
様々な意見が出され、大変参考になりました。 出された意見は町でまとめ、第6次総合計画策定審議会の参考資料として活用されるとそうです。
 議会としても検討し、政策提言していかなければと思いました。
2018年2月5日 (月)  
  大北地区農業振興推進協議会の研修で東御市の風土Link(㈱):3人の東御市八重原の農業者が長野県産米の海外輸出の取り組み、(有)信州うえだファーム:JAうえだの子会社として、新規就農者を2年間研修し、施設野菜(パブリカ、イチゴ)、果樹(リンゴ、ブドウ)などの生産技術を身に付けさせ、遊休農地を活用して自立を支援する、villadestoワイナリー(写真):玉村豊男氏のワイン畑・ワイナリー・カフエ、アルカンビィーニュ:玉村豊男氏のワイン栽培・ワイン醸造技術の研修・担い手育成施設の4か所を見せていただきました。特に、信州うえだファームの取り組みは素晴らしいと思いました。大北地域でもこのような取り組みが進めばと思います。
2018年2月2日 (金) 
 1月21日頃からインフルエンザB型に感染。多くの皆さんにご迷惑をかけてしまいました。私の場合発熱もせず、下痢もありませんでした。ただ、なんとなくくダルク、疲れやすい感じが今も続いています。やはりワクチンはやっておくべきでした。今後の教訓にしたいと思います。
2018年1月21日 (日)  
  平成30年池田町消防団出初式が盛大に高瀬中学校で行われ、消防委員として参加しました。池田町には230名の消防団員がいます。昨年のポンプ操法大会で優秀な成績を収めました。消防団員の皆さんの献身的な活動により安心して暮らすことができます。今年も健康に留意され、ご活躍されることをお祈り申し上げます。
2018年1月18日 (木) 
  町なか活性化施設として建築中の2丁目のスペースゼロの完成模型が出来上がり見せていただきました。左側の建物が加工施設です。
 この施設が名実ともに活性化施設となるよう力を合わせていきたいと思います。
2018年1月17日 (水) 
 共産党長野県委員会主催の地方議員研修会が安曇野市で開かれ、「月間学習」編集長の酒井雅敏氏の講演(演題:「科学的社会主義を学び 語るために」)を聞きました。日本共産党はマルクスの資本論を基に資本主義社会の仕組みを科学的に解明し、未来社会の展望を示しています。酒井氏にはその概要を分かりやすく説明し、勉強になりました。また、日々の活動が未来社会につながっていくことが強調され、そのとおりだと思いました。頑張りたいと思います。
2018年1月16日 (火)  
  池田町議会議会の議員研修で飯綱町元議長の寺島 渉氏を呼び話を聞きました。飯綱町議会の議会改革は地方議会のマニュフェスト大賞優秀成果賞を何回も受賞しています。寺島さんの話は実践に裏付けら大変面白く、話に吸い込まれました。寺島さんの話を聞き、私なりに飯綱町の議会改革が進んだ理由として次のことが挙げられるかと思います。⑴問題が起こった時、専門家を呼ぶなど議会として学習と自由な議員間の意見交換を強めたこと。このことが議員の意識改革につながったこと。
⑵議会の政策能力の向上に住民の力(政策サポターや議会報モニター)に依拠したこと。このことが議員のなり手不足の対策にもなる。
 寺島さんの話を基に、町議会の改革へできることから取り組んでいきたいと思います。
2018年1月13日 (土)  
 「アベ改憲のねらいは何?」 をテーマに”新春 憲法学習会”が金枝弁護士を講師に開かれ、参加しました。新春の忙しい時期にもかかわらず、30人以上の方が集まり、関心の高さに勇気をいただきました。
 金枝弁護士を中心に、思いを述べあい有意義な学習会となりました。これを契機に、「安倍改憲No! 憲法を活かす全国統一署名」集めに取り組みたいと思います。
2018年1月2日 (火) 
  新春恒例の街宣を服部議員・支部の仲間とともに町内8カ所で行いました。1日の赤旗に載っていた志位委員長と京都大学の石川康弘教授対談を参考に原稿を作り訴えました。
 安倍・自民党は今年の6月から7月にかけて通常国会及び臨時国会で国会での改憲発議が行われ、12月頃国民投票になる可能性があります。歴史的にみても今年は特別な年になります。3000万署名を集めきり、改憲阻止に頑張ります。
2018年1月1日 (月) 
  新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
 昨年の総選挙では大変お世話になりありがとうございました。野党共闘分断の動きのなかで共産党は議席を減らす残念な結果でした。しかし、比例北陸信越ブロックで藤野保史議員の議席を守ることができ、短期間で市民と野党の共闘を実現でき今後の新しい政治を切りひらく基礎ができました。
 安倍首相は憲法9条改憲をねらっています。なんとしても阻止し、市民と野党の共闘により新しい政治つくるため頑張ります。いっそうのお力添え、宜しくお願いいたします。
 町議会議員2期目も最終盤を迎えます。町民の声を町に届け、新たな池田町の発展に貢献できるよう全力で頑張ります。
 
 過去の日誌|2018||2017| 2016 | 2014 |2013|
| 2012年2011年10月2011年9月2011年8月2011年7月
2011年6月2011年5月2011年4月
2011年3月2011年2月2011年1月2010年12月